ノンシリコンについて

おすすめ白髪染めトリートメント

トリートメントもノンシリコンがいいのか?

ノンシリコンのシャンプーやコンディショナーが流行っています。

 

まず、シリコンについて説明をいたしましょう。

 

シャンプーのシリコンとは、髪の毛表面を保護し、膜で覆い、ツヤを出す為にあります。

 

シリコンは安全性が高く柔軟性と通気性があるので、さまざまな商品に使われています。

 

たとえばシリコンスチーマー、コンタクトレンズ、ティッシュペーパーや柔軟剤にもシリコンが配合されているのです。

 

市販されているほとんどのシャンプーには、シリコンが配合されています。

 

ノンシリコンは、文字通りシリコンが入っていないシャンプーのことをいいます。

 

シリコン入りシャンプーは、確かに艶が出て髪の毛を保護してくれますが頭皮に洗い残しが出来易かったり、シリコンのせいでトリートメント等の効果が浸透しにくくなってしまうのです。

 

また、シリコンが入っているせいでカラーリングやパーマが入り難くなってしまう事もあるでしょう。

 

そのため、最近はシリコンが配合されていない「ノンシリコン」の洗髪剤が増えて来ました。

 

 

シリコン入りといっても、普段からしっかりとすすいでいればカラーリングしにくい、パーマがかかりにくいということもないでしょう。

 

毛穴につまることもありません。

 

また、熱に強くアレルギー反応も出にくいのでシリコンが配合されている商品でも安心して使うことができるでしょう。

 

そのため、ノンシリコンにそこまでこだわる必要はありません。

 

それは、トリートメントでも同じです。

 

ノンシリコンにはメリットデメリットがあるので、ノンシリコン入りトリートメントにするかどうかは自分で決めることをおすすめします。

 

 

しかし、白髪染めトリートメントを使用している場合は、注意が必要かもしれません。

 

シリコン入りの洗髪剤を使用していると、白髪染めトリートメントの効果を実感しにくくなってしまう可能性が高いのです。

 

普段からしっかりとすすいでいれば問題ないかもしれませんが、もし白髪染めトリートメントを使うのであれば、ノンシリコンの商品の方が良いかもしれません。

 

もちろん、髪質によって色が入りやすい、入り難いという違いがあるので、ノンシリコンにしたからといって色の入り方が劇的に変わる訳でもありません。

 

ノンシリコンとよく言われているのでノンシリコンの方が良いのではと思ってしまうでしょう。

 

しかし実際は、そこまで大きな違いはありませんし、シャンプーだけノンシリコンでもコンディショナー等にシリコンが入っていると意味がないのです。

染まりやすくするには

白髪染めトリートメントを染めやすくする為には、髪質だけではなくやり方も重要です。

 

前後の手順を守って染めることで、しっかりと白髪染めトリートメントで色を入れることができるのではないでしょうか。

 

まず、白髪染めトリートメントを付ける前にしっかりとシャンプーをするようにしましょう。

 

ワックスやシャンプーが付着している髪の毛だと、白髪染めトリートメントの成分が十分に浸透しないのでなかなか髪の毛が染まりません。

 

そのため、事前にきちんとシャンプーをし、すすぐようにして下さい。

 

白髪染めトリートメントは、使いはじめはなかなか色が入らないかもしれません。

 

最初は少し長めに時間をおいてから流す様にしましょう。

 

ほとんどの白髪染めトリートメントは5分程度置いて流すものが主流ですが、最初の数回は10分から15分程度置くようにしましょう。

 

付け置く時間は、シャワーキャップ等を被ることをおすすめします。

 

シャワーキャップなどを付ける事により白髪染めトリートメントの成分がより浸透しやすくなり、髪の毛も染まりやすくなるでしょう。

 

また、シャンプーをノンシリコンにすると、シリコンのない綺麗な状態となるので染まり易くなるのではないでしょうか。

 

オススメ↓大人気!