おすすめ白髪染めトリートメント

ヘアパックとは?

髪の毛の痛みが気になる人におすすめなのが、ヘアパックです。

 

ヘアパックは、一週間に一度程度行う髪の毛の為の特別なケアです。

 

一週間に一度、と記載しましたが、毎日行っても問題ありません。
しかし毎日ヘアパックを行っても週一でヘアパックを行っても髪の毛に大差はないそうなので、週一でのヘアパックをおすすめします。

 

髪の毛は、日々さまざまなダメージを受けています。

 

髪の毛を結ったり、ドライヤーの熱、ヘアアイロンやコテを使う人であれば、更に強いダメージを与えているでしょう。

 

ドライヤーの熱

 

特に白髪染めやヘアカラーをしている方の髪は強いダメージを受けているはずです。*白髪染めトリートメントの場合は髪のダメージはありませんが、より髪をきれいにしたいと誰もが感じるのではないでしょうか?

 

そしてヘアアレンジをしない人でも、紫外線の影響で髪の毛は痛み、ダメージを受けているのです。

 

そのため、定期的なケアが必要になります。

 

ヘアパックは、名前の通り髪の毛の為のパックです。

 

顔のパックと同じく、髪の毛をパッティングすることで保湿し、栄養を与え、健康的な状態へと導いてくれるのではないでしょうか。

 

ヘアパックは、さまざまな種類が販売されています。

 

自分の髪質や髪に足りないものを補ってくれるヘアパックを使えば、美容院帰りの様なサラサラは髪の毛をキープすることができるでしょう。

 

PC カミツヤ(髪ツヤ) クレイヘアパック790g
パーソナルコスメディック (2004-08-04)
売り上げランキング: 5,260

トリートメントとの違い

シャンプーの後に使うものというと、コンディショナーやトリートメント、ヘアパックなどさまざまな種類がありますよね。

 

ヘアパックとは、その中でどういう役割をするものなのでしょうか?

 

まず、髪の毛への効果です。

 

効果は低い順に、リンス、コンディショナー、トリートメント、ヘアパックとなっています。
ヘアパックが一番高い効果を得ることができるでしょう。

 

しかし、高価に応じて値段も高くなりますし、ヘアパックは週一程度の使用で大丈夫です。
普段はコンディショナーで髪の毛の滑りを良くする程度にしておきましょう。

 

ヘアパック

 

次に、それぞれの効果について説明を致します。

 

リンスは、髪の毛をコーティングする力があります。
シャンプーをしただけでは髪の毛がきしみ、指通りが悪くなってしまうでしょう。
リンスをすることで、滑らかな髪の毛にすることができます。

 

コンディショナーは、リンスの上位互換です。
リンスよりもしっかりと髪の毛の表面を保護してくれますし、保湿力も高いでしょう。

 

最近は、リンスはほとんど見かけなくなり、コンディショナーが主流になりましたね。

 

トリートメントは、髪の毛の保護効果はもちろん、髪の毛の内部を修復する力もあります。

 

コンディショナーとリンスに髪の毛を補修する力はありません。
髪の毛が傷んだときは、トリートメントで補修をするようにしましょう。

 

栄養も補給することができますし、保湿効果も高いのがトリートメントのメリットです。

 

 

ヘアパックは、トリートメント以上の効果を持っています。
髪の毛の保護、保湿、補修効果は一番高いです。 なので白髪染めトリートメントとの併用をおすすめします。

 

基本的には毎日コンディショナーもしくはトリートメントを使い、週一程度でヘアパックを使うのが好ましいでしょう。

 

もし髪の毛が傷んでいるようであれば、毎日コンディショナーとトリートメントを、定期的にヘアパックを使ってみてください。

 

ヘアパックは確かに高い効果を持っていますが、毎日使わなくても良い、というのがトリートメントとの違いなのです。

ヘアパックをより効果的にする方法

ヘアパックは、普通の使っても高い効果を実感することができるでしょう。
しかし、工夫をすることでより高い効果を髪の毛に与えることができます。

 

どの様に使えばよいのでしょうか。

 

まず、ヘアパックの順番です。

 

ヘアパックは一番最後に使うもの、と思っている方も多いでしょう。

 

しかし、実はシャンプーの後にヘアパックを使った方がより高い効果を実感することができるのです。

 

ヘアパックは内部補修を、コンディショナーやリンスは表面のコーティングをするものです。

 

先にコンディショナーなどで表面をコーティングしてしまうと、髪の毛の内部にまでヘアパックが浸透しない可能性があります。

 

そのため、シャンプーで表面の汚れを落とした後にヘアパックを使うことで、しっかりと髪の毛の奥まで成分を浸透させることができるという訳です。

 

ヘアパックを使い洗い流したら、コンディショナー等で表面のコーティングを行いましょう。

 

 

シャンプーは頭皮を中心に洗いますが、ヘアパックは毛先を中心に付けて下さい。

 

ヘアパックは、保湿効果が高く油分も多く含まれています。
頭皮に付け過ぎると、油分過多で頭皮環境が悪化してしまう可能性があります。

 

また、ヘアパックは傷んでいる髪の毛を補修する為につけるものなので、痛みの少ない頭皮の髪の毛に付ける必要はないでしょう。

 

毛先にたっぷりと付けるのが、正しいヘアパックの使い方です。

 

 

ヘアパックをつけたら、タオルやシャワーキャップで髪の毛を包み込みましょう。
ヘアパックを付けた状態でしばらく放置をした方が、成分がしっかりと浸透します。

 

一番お奨めなのは、暖かいお湯に浸し水をぎゅっとしぼったタオルでの保護です。
適度に蒸されるので、成分もぐんぐん浸透していくのではないでしょうか。

 

浸け置いている時間は、湯船につかっても良いですし、体を当たっても良いでしょう。

 

ある程度時間が経ったら、ヘアパックを洗い流します。
ヘアパックは、しっかりと洗い流す様にしましょう。

 

もし髪の毛に残っていると、ベタついたり、頭皮環境が悪化する原因となってしまいます。

 

ヘアパックを残しておいた方が浸透率が良いという訳でも、ツヤが出るという訳でもありません。
しっかりと流してこその、ヘアパックなのです。

 

丁寧に洗い流したら、ヘアパックでのケアは終了です。

 

↓送料無料!