おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めといえば、染髪剤が主流でした。
1剤もしくは2剤を混ぜ合わせて髪の毛に付着することで、白髪染めを行うことができる商品です。

 

しかし最近は、より簡単に、髪の毛を痛めることなく染められる白髪染めトリートメントも増えて来ましたね。

 

白髪染めトリートメントは、どのように使えばよいのでしょうか?

 

白髪染めトリートメントは、通常のトリートメントと同じ様に使いましょう。

 

そのため、使う前に先にシャンプーをします。

 

しっかりと汚れを落とさなければ、十分に白髪染めを行うことができないでしょう。
そのため、丁寧にしっかりとシャンプーをするようにして下さい。

 

洗髪が終わったら、次は白髪染めトリートメントの出番です。

 

軽く水気をふき取ってから、白髪染めトリートメントを付けてください。

 

白髪染めトリートメントの前にトリートメントを使っても良いですが、この辺りは好みで使うようにしましょう。

 

白髪染めトリートメントは、通常のトリートメントと同じ様に、髪の毛全体に馴染ませるように付けましょう。

 

ただし、つける部分は白髪が気になる根本中心です。

 

普通のトリートメントは傷んでいる毛先を中心につけますが、白髪染めトリートメントは白髪を染めたい根元を中心に染めると良いのです。

 

もちろん白髪は髪の毛全体に有るので、根本だけではなく全体に馴染ませるようにしましょう。

 

全体に馴染ませたら、しばらく放置をして置いてください。

 

普通のトリートメントも、数分間馴染ませると髪の毛に成分が馴染、高い効果を実感することができますよね。
白髪染めトリートメントも同じです。

 

ある程度時間が経ったら、しっかりと流しましょう。

 

白髪染めトリートメントは、普通の白髪染めと違い着色力は弱いです。
そのため、手袋などをつけなくてもそのまま髪の毛に付けることができます。
洗い流す時も、爪の間が黒くなることもなく、普通に流すことができるでしょう。

 

しかし、髪の毛にトリートメントが残ったままでは髪に悪い影響を与えてしまいますし、タオルが黒くなってしまう可能性もあります。

 

白髪染めトリートメントは、しっかりと丁寧に洗い流す様にして下さい。

 

白髪染めトリートメントは、白髪染めはもちろんトリートメント効果も実感することができる商品です。
使い終わった後も髪の毛が傷むことなく、気軽に使うことができるのではないでしょうか。

 

 

放置時間について

 

白髪染めトリートメント 放置時間

 

白髪染めトリートメントは、髪の毛に付けたら数分間放置をする必要があります。
ある程度時間を置くことで、髪の毛に成分が馴染白髪染めの効果を与えることが出来るでしょう。

 

白髪染めトリートメントの放置時間は、商品によって違います。

 

しかし、ほとんどの白髪染めトリートメントは5分から15分程度放置、と記載がしてあるでしょう。

 

それぞれの白髪染めトリートメントの使い方に従い、放置をしましょう。

 

しっかりと色を入れたい人は、ついつい長時間放置しがちです。
普通の白髪染めであれば、長時間放置しすぎると髪の毛が傷む原因となってしまいます。

 

しかし白髪染めトリートメントは、30分以上置いたとしても、髪色の変化はあまりないそうです。

 

そのため、長くても15分程度の放置で良いのではないでしょうか。

 

放置時間を延ばすよりも、放置している間のケア方法によって、浸透率をアップすることは可能です。

 

白髪染めトリートメントを付けたら、シャワーキャプで髪の毛を覆うようにしましょう。

 

シャワーキャップを使う事により、浸透率をアップすることができます。

 

通常のトリートメントであればタオルで覆うことも出来ますが、白髪染めトリートメントだとタオルに色が付着してしまう可能性があるのでおすすめしません。
髪の毛の為にも、シャワーキャップを使いましょう。

 

シャワーキャップを使えば、白髪染めトリートメントが垂れる事もないでしょう。

 

 

また、白髪染めトリートメントは毎日使う必要はないです。
通常のトリートメント同様、一週間に2,3回程度使うだけでも十分色を入れることができます。

 

しかし、白髪染めトリートメントを使い始めたばかりの頃は、毎日使った方が良いでしょう。
使いはじめは白髪染めトリートメントの成分が髪の毛に浸透しにくいので、髪の毛に馴染ませる為に一週間ほど毎日使い続けることをおすすめします。

 

放置時間も初めの一週間は少し長めにしてみてはいかがでしょうか。
その方が、白髪染めトリートメントの効果を十分に堪能することができるでしょう。

 

もう一歩踏み込んだ、白髪染めトリートメントの使い方は=使い方のコツ