白髪染めトリートメントとは?

おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメント

 

白髪染めトリートメントって知っていますか?

 

白髪染めというと、洗髪液を混ぜ合わせ、髪の毛につけて、しばらく時間をおいて流せば染めることができる商品が主流でしょう。

 

美容院等でも、カラーリングを同じ様な方法で白髪染めが行われています。

 

しかし、白髪染めのネックは髪の毛を痛める事でしょう。

 

市販の白髪染めは、どんな髪質でも染まり易いように強い液体で出来ています。
そのため髪の毛に負担が掛かり易いのです。

 

美容院では髪質に合わせて液剤を混ぜるので傷みにくいですが、自分で染めるよりも費用がかかってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、白髪染めトリートメントなのです。

 

白髪染めトリートメントとは?

 

白髪染めトリートメントは、毎日の洗髪の後に使うだけで簡単に髪の毛を染めることができます。

 

髪の毛を痛める事もありませんし、手袋を付けたり、液剤が他の部位につかないように気を配る必要もないでしょう。

 

とても簡単に、毎日のヘアケアを行うように、髪の毛を染めることができるのです。

 

これなら忙しい人でも、髪の毛を極力痛めたくない人でも、簡単に白髪染めを行うことができますよね。

 

最近は白髪染めトリートメントの種類も増えてきたので、自分好みの白髪染めトリートメントを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

現在一番売れている白髪染めのタイプです

 

白髪染めトリートメントは、今一番売れているタイプの白髪染め商品です。

 

白髪染め商品は、大きく分けて2種類の液体を混ぜてカラーリングをするものと、シャンプーで染めるタイプのもの、そしてトリートメントで染めるタイプのものがあります。

 

シャンプータイプとトリートメントタイプはとても似ているので、同じタイプに分類される事も多いでしょう。

 

もともとは、2種類の液体を混ぜて染めるカラーリング方法が主流でした。
今現在も、ドラッグストアの染髪コーナーを見ると混ぜるタイプのものがほとんどでしょう。

 

このタイプは確かに簡単に染めることができますが、髪の毛を痛める可能性が高いのです。

 

また、染める力が強いせいで皮膚や自壁、床等に付着するとなかなか取れません。

 

シャンプータイプは気軽に染めることができますが、染める力が弱い場合も多いでしょう。
普段使っているシャンプーでないと髪の毛がへたる、においが気になるという方もいるかも知れません。

 

トリートメントタイプは、髪の毛に優しくシャンプータイプよりもしっかりと染めることができる白髪染めです。

 

普段のシャンプー後に使うだけで染髪効果を実感できるので、とても気軽に使うことができるでしょう。

 

白髪染めトリートメントをカラーリングの補助に使う

 

白髪染めトリートメントのおすすめの使い方は、カラーリングの補助としての使い方でしょう。

 

白髪染めトリートメントは、髪の毛には優しいですが一度で十分に染めることはできません。

 

逆にカラーリングは、髪の毛への負担は大きいですが一度でしっかりと染めることができるでしょう。

 

そこで、併用をするとお互いのデメリットを補うことができるのです。

 

まずは、カラーリングで染めましょう。
気になる白髪も、カラーリングをすれば一度で十分な色合いに染めることができます。

 

カラーリングで染めたら、日々の手入れを白髪染めトリートメントで行ってください。

 

白髪染めトリートメントは、トリートメントの役割りも果たすので、毎日使っても髪の毛が傷む事はありませんし、美髪効果を実感することができます。

 

また、伸びてきた白髪を自然に染めることができるので、カラーリングの効果を長持ちさせることが可能でしょう。

 

 

白髪染めトリートメントでの白髪染め効果はとても優しいものなので、定期的にカラーリングで染めあげるのも良いでしょう。

 

併用して使えば、頻繁にカラーリングをする必要はありませんし日々伸びてくる白髪を極力目立たなくすることが可能です。

 

是非、併用して使ってみてください。