おすすめ白髪染めトリートメント

トリートメント効果はどの程度ある?

白髪染めトリートメントで注目したいのは、やはりトリートメント効果でしょう。

 

白髪染めというと髪が傷むというイメージがありますが、白髪染めトリートメントはトリートメントをしながら白髪染めを行うことができる、とても画期的な商品です。

 

白髪染めトリートメントによって、トリートメント成分も効果も異なります。

 

たとえば、今とても注目を集めている白髪染めトリートメント「資生堂プリオール」には、さまざまなトリートメント成分が配合されています。

 

保湿成分であるヘナやプーアール、昆布、緑茶、ゆずなどのお蔭で、水分を失いがちな白髪染め後の髪の毛をサポートしてくれるでしょう。

 

また、植物系オイルもタップリと配合されています。

 

ローズヒップオイルやマカダミアナッツオイル、オリーブオイルにホホバ種子オイル等肌に優しい天然オイル成分は、髪の毛にも頭皮にも優しく保湿をしてくれるのではないでしょうか。

 

資生堂プリオールは、なんと成分の85%がトリートメント成分となっています。

 

大半がトリートメントなので髪の毛に優しく使うことができるのではないでしょうか。

 

髪の毛への優しさを考えながら白髪染めをしたいのなら、資生堂プリオールを使ってみてはいかがでしょうか?

 

美容液成分・植物系オイルが髪にいい

 

白髪染めトリートメント「資生堂プリオール」

 

今までの白髪染めトリートメントのデメリットを覆すとても評判の商品です。

 

そんな資生堂プリオールでも、特に注目したいのがトリートメント効果なのではないでしょうか。

 

資生堂プリオールはなんと成分の85パーセントがトリートメントを占めています。

 

染毛成分はたったの15パーセントですが、それでもしっかりと染め上げることができます。

 

髪の毛に優しく、痛めない白髪染めとリートメントの秘密は、その大量のトリートメント成分のお蔭なのではないでしょうか。

 

資生堂プリオールのトリートメント成分は、美容液成分と植物液オイルの2種類となっています。

 

美容液成分はヘナやプーアール茶、昆布、緑茶、ユズとなっています。

 

どれも天然成分なので髪の毛に優しく、年齢と共に失われがちなハリやコシ、潤いを取り戻すことができるのではないでしょうか。

 

植物オイルは、月見草油、ローズヒップオイル、マカダミアナッツオイル、オリーブオイル、ホホバ種子オイル、スクワランです。

 

毛先までしなやかにまとまるオイルのお蔭で、痛みも軽減できるのではないでしょうか。

 

髪の毛のことを考えた資生堂プリオールを使えば、ハリツヤのある美しい髪を維持しながら白髪染めを行うことができるでしょう。