必ずドライヤーで乾かす

おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントを使った後は必ずドライヤーで乾かす事

白髪染めトリートメント ドライヤー

 

白髪染めトリートメントを使う上で特に大切なことが、「洗髪後はしっかりとドライヤーで乾かす」ことでしょう。

 

髪の毛が短い方や量が少ない方は、ドライヤーで乾かさなくても自然乾燥で十分乾きますよね。
ドライヤーは傷むから、といって使わない方もいるかもしれません。

 

しかし、白髪染めトリートメント使用後はドライヤーを使うことをおすすめします。

 

白髪染めトリートメントは、ドライヤーの熱で色を定着することができるのです。
しっかりと熱を当てることで、色が浸透し、持ちもよくなるでしょう。

 

また、ドライヤーを使うことはとても大切です。

 

そのままの状態で乾く場合もありますが、頭皮が濡れたままではどんどん頭皮に雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪化してしまいます。
頭皮環境が悪化すると髪質も悪くなってしまいますし、髪の毛を染めることができなくなってしまう場合もあるのです。

 

実際に白髪染めトリートメント後、ドライヤーを使った髪の毛とドライヤーを使わなかった髪の毛では、色の入り方が全然違う層です。

 

髪の毛の為にも、白髪染めトリートメントの色をしっかりと入れるためにも、洗髪後はしっかりとドライヤーで乾かす習慣を作るようにしましょう。

 

きちんと乾かすのが、髪の毛の為です。

 

 

髪を傷めないドライヤーのかけ方

 

ドライヤーは髪の毛を痛めると思っていませんか?
正しい使い方をマスターすれば、髪の毛を極力痛めることなくドライヤーを使うことができるでしょう。

 

ドライヤーで重要なのは、短時間でしっかりと乾かす事です。
そのため、ドライヤーを掛ける前はタオルで水気を十分にふき取るようにしましょう。

 

この時、髪の毛を擦ってはいけません
擦らずにタオルをパンパンと押し当てるように使いましょう。

 

髪の毛の長い女性は、洗髪後タオルで髪の毛をまとめてしまう方も多いでしょう。
確かに水分をしっかりと吸い取ってくれますが、長時間タオルを頭に巻いたままにしないようにして下さい。

 

確かにドライヤーの時間を短縮することはできますが、頭皮が蒸れやすくなってしまいますし、髪の毛に癖がついてしまいます。
ある程度水気をすったら後はタオルを外して水気を取りましょう。

 

白髪染めトリートメント ドライヤーで乾かす

 

ドライヤーは、頭皮から髪の毛、毛先の順番で乾かします。

 

同じところにばかりドライヤーを当てていると熱がこもってしまうので、一か所に集中して当てすぎないようにしてください。

 

ドライヤーと髪の毛の距離は、20センチが適正です。
これ以上近付けると髪の毛が熱によるダメージを受けてしまいます。

 

根本は、手グシで引っ張りながら乾かしましょう。
ある程度根本が乾いたら次は髪の毛の中間部分を、最後は毛先を軽く乾かす様にして下さい。

 

概ね乾いたら、最後は冷風で乾かすことをおすすめします。
冷風は髪の毛へ負担をかけませんし、熱がこもった髪の毛をクールダウンしてくれるでしょう。

 

冷風で髪の毛を引き締めることで、ツヤを生み出します。

 

髪の毛は、触って適度にひんやりするくらい、水気が残らないくらいまで乾かす様にしましょう。

 

8割程乾いたらあとは自然乾燥でも良い、という訳ではありません。
最後までしっかりと乾かすことで、美しい髪の毛につながるでしょう。

 

 

ドライヤーで乾かした後は、ブラッシングをして下さい。
ドライヤー後の髪の毛はキューティクルが乱れがちです。
優しく整えてあげましょう。

 

ブラッシングは、目の細かいクシよりも荒目のブラシがおすすめです。
ダメージが酷い場合は手グシでも良いでしょう。

 

 

極力負担を掛けたくないという人は、ドライヤー前後に洗い流さないトリートメントやケア用品を使って下さい。
スプレーやクリーム等を塗ることで、ドライヤーのダメージをから髪の毛を守ることができるのではないでしょうか。