手軽に染められる白髪染めははこれが便利!

おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めはどんなタイプが人気?

白髪染めは市販で購入できますが、さまざまなタイプのものが売っているので、どれを購入したら良いのか迷ってしまう人が多いでしょう。

 

クリームを髪の毛全体に塗っていくものや、染料を泡立てて髪の毛に塗っていくものなどがあり、それぞれ使いやすさや染まりやすさが違ってきます。

 

泡

 

人気があるのは泡タイプの白髪染めで、クリームや液を塗っていく白髪染めとは違って、サイドや後頭部に塗っても垂れにくいです。
部屋を汚さずに安心して白髪染めできるので、初めて自宅で白髪染めをする人も使いやすいでしょう。
メーカーによってさまざまな色の白髪染めがあるので、自分がイメージしている色と近いものを探してみましょう。

 

また、トリートメントタイプの白髪染めも人気があります。
トリートメントの場合には、他の白髪染めよりも髪の毛や頭皮へのダメージが少ないです。

 

そのため、髪の傷みを気にせずに使い続けることができます。

 

ただし、ヘアカラーとは違って髪の毛や頭皮への刺激が少ない分、すぐに色落ちしてしまう可能性もあります。
頻繁に染め直さなければいけないというデメリットもありますが、それでも髪の毛の傷みを気にしている人からの人気が高いです。

 

 

一番染まりやすいタイプは?

 

さまざまなタイプのものが販売されている白髪染めですが、一番染まりやすいのはどのタイプのものなのでしょうか?

 

白髪が特に染まりやすいのは、人気が高い「泡タイプ」の白髪染めです。

 

ブリーチ作用がある白髪染めなので、髪の毛の色素を抜くことで染料が奥深くまで浸透していきます。
暗い色に染めたいときにもしっかりと染まりますし、色落ちしにくいのが特徴です。

 

しかし、染まりやすい泡タイプの白髪染めには、いくつか気を付けたいポイントがあります。
まず、泡タイプの白髪染めは髪の毛へのダメージが大きいです。

 

ブリーチ作用がある白髪染めなので、ヘアマニキュアやトリートメントタイプに比べると、どうしても髪の毛が傷みやすくなってしまいます。
泡は白髪が気になる部分だけに塗るようにして、綺麗な状態の髪の毛にはできるだけ塗らないように気を付けましょう。
健康的な髪の毛にまで、ダメージを与えてしまう恐れがあります。

 

また、泡タイプの白髪染めを使うときには、放置時間をしっかりと守りましょう。
放置時間が長くなればなるほど髪の毛へのダメージが大きくなってしまうので、染料を浸透させたいがために放置しすぎることはやめましょう。

 

 

髪を傷めずに、しっかり染まるものは本当にあるのか?

 

泡タイプの白髪染めはよく染まりますが、髪の毛を傷めてしまう恐れがあります。
髪の毛を傷めずに白髪をしっかりと染めるためには、トリートメントタイプの白髪染めを使ってみると良いでしょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めは、髪の毛のほぼ表面に染料を付着させていくことになります。
泡タイプの白髪染めのように、ブリーチをして染料を浸透させていくわけではないので、髪の毛が傷んでしまう心配がありません。

 

一度のトリートメントでしっかりと染まる場合がほとんどですが、何度か染め直していくうちに、さらに自然な色へと変化していくでしょう。

 

もしも、色落ちして白髪が目立ってきてしまったとしても、トリートメントなら髪の毛へのダメージを心配せずに何度でも染め直すことが可能です。
髪の毛の傷みが気になる人は、トリートメントタイプの白髪染めを選んでみると良いでしょう。

 

トリートメントで染めた色を長持ちさせるために、白髪染めシャンプーを併用するという方法があります。
白髪染めシャンプーは、普段と同じように髪の毛を洗うだけで、白髪に少しずつ染料が浸透していきます。

 

白髪染めした状態をキープできますし、髪の毛へのダメージがないのでおすすめです。