カラーバター白髪染め

おすすめ白髪染めトリートメント

カラーバターとは?

髪の毛は出来るだけ負担をかけずに染めたいものです。
でも、染髪は面倒だしどんどん髪の毛が傷んでしまいますよね?

 

そこで登場したのが「カラーバター」

 

カラーバターは、美容液成分をたっぷりとしみこんだカラーリングが出来る、新しい洗髪商品です。

 

トリートメント効果とカラーリング効果を同時に実感できるので、若い世代を中心に少しずつ認知度が広まっている商品です。

 

カラーバターは、まるで絵具のような材質をしています。

 

通常のカラー剤は混ぜることはできませんが、カラーバターは複数の色を混ぜることができるので、理想の色合いを作ることができるでしょう。

 

色の持ちは1週間から2週間程度なので、短期間だけカラーを楽しみたい方には嬉しいアイテムなのではないでしょうか。

 

 

カラーバターは自分でも購入をすることができますが、美容室で取り扱っている場合もあります。
美容室の方が、より綺麗に染めることができますし理想の色に近づけるでしょう。

 

自分でも簡単に染められるカラーバターですが、仕上がりを重視したいのであれば、美容室で染めることをおすすめします。

 

関東を中心に、少しずつカラーバターを取り扱っている美容室が増えているようです。

 

 

白髪用もある

 

カラーバターは基本的にはカラーリング用の商品です。

 

しかし最近は、白髪染めにも対応したカラーバターも販売しているみたいですね。

 

カラーバター白髪染めは、極力ダメージレスで染めることができる商品でしょう。
明るい色合いに白髪染めをすることも出来ますし、臭いも気になりません。

 

また、天然色素成分を使用しているので、髪の毛の艶を維持しながら染めることができるのではないでしょうか。
簡単に、髪の毛を痛めることなく染めることができるのが、カラーバター白髪染めのメリットなのです。

 

カラーバター白髪染めにはさまざまな色があります。
白髪染めに使いたい場合は、ナチュラルブラックやダークモス、ダークグレー、ディープブラウンなどのカラーが良いでしょう。

 

明るめに染めたいときはライトブラウン等も良いかも知れませんね。

 

通常の白髪染めよりもカラーバリエーションが豊富なのも、カラーバター白髪染めのメリットの一つだと思います。

 

白髪染めトリートメントと同じ様に、簡単に、髪の毛に負担をかけることなく染めることができるので、とてもおすすめです。

 

 

特徴

 

カラーバターは今少しずつ注目を集めている商品です。

 

そんなカラーバターのメリットデメリットをご紹介します。

 

メリットは、髪の毛を痛めることなく簡単に染められるという点でしょう。
カラートリートメントの様に染められるので、通常のカラーリング程痛みはありません。

 

そのため、気軽な気持ちでカラーリングに挑戦をすることができるでしょう。

 

カラーバターは、カラーバリエーションが豊富です。
ブルーやピンク等、通常のカラーリング剤ではあまり見かけない色まで揃っています。

 

落ち着いた色に染めたい、という人よりは、少し奇抜な色に染めたいという人にぴったりなのも、カラーバターの特徴の一つでしょう。

 

部分的に染めることもできるのでグラデーションも簡単に作ることができます。

 

カラーバターの最大のメリットは、色を混ぜることができるという点なのではないでしょうか。
さまざまなカラーを混ぜて、自分好みの色を作ることができるでしょう。

 

 

もちろんカラーバターにもデメリットはあります。

 

まずは、余り色が入らないということです。
カラーバターは髪の毛の表面にのみ色を入れるので、ブリーチしている薄い色の髪の毛でなければ、十分に色を入れることはできません。

 

また、効果は一週間から二週間程度なので、短期間楽しみたい人でなければ使い勝手が悪い商品かも知れませんね。

 

いろいろな種類をチェックしたい方はこちら=楽天・カラーバター一覧

 

お薦め商品↓(各色あります!)