おすすめ白髪染めトリートメント

お年寄りはなぜ白髪を紫に染めたがるの?

街

 

街を歩いていて、髪の毛を派手な紫に染めているお年寄りを見たことはありませんか?
私自身はこれまで何度か髪の毛が紫のお年寄りを見掛けており、「なぜお年寄りは髪の毛を紫にするんだろう…?」と疑問に思っていました。

 

全国には同じ様な疑問を抱いている人が多いようで、先日タモリさんが出演している番組でこの件が取り上げられていました。

 

お年寄りが髪の毛を紫に染めている理由は、白髪を綺麗に見せるためのようです。

 

日本人の白髪は欧米人とは違い、黄ばみがかっていてツヤがありません。これは髪質が違うので仕方がないことなのですが、やはりツヤツヤで綺麗な白髪のほうが素敵ですよね。実は、日本人の白髪に紫を入れると、黄ばみを抑えて綺麗な白髪に見せることができるのです。

 

しかし、この原理を知らずに濃い紫を入れてしまう美容師がいるため、派手な紫色の髪の毛をしたお年寄りが多いようです。
黄ばみを抑えるために入れる紫は薄くても良いのに、誤って濃い紫で染めてしまっているのですね。

 

もしも美容室で白髪に紫を入れてもらおうと考えている人は、薄い紫で染めてもらいましょう。

 

 

白髪は何もしないと何色に見える?

 

日本人の髪質だと、白髪になったときに黄ばみがかって見えてしまうことが多いです。
頭部全体が白髪になってしまったとき、欧米人のように綺麗なツヤツヤの白髪であれば、とても素敵に見えますよね。

 

しかし日本人の場合、どうしてもツヤのない黄色っぽい白髪に見えてしまいがちです。
綺麗な白髪に見せたい場合には、髪の毛を染めてみると良いでしょう。

 

欧米人のような綺麗な白髪に見せるためには、薄い紫で染めることが効果的です。日本人の白髪を薄い紫で染めると、黄ばみを抑えてツヤのある綺麗な白髪に見せてくれます。

 

銀髪に近い綺麗な白髪であれば、とても素敵なお年寄りに見えることでしょう。
髪の毛をしっかりとケアしている印象も与えますし、お洒落にも見えますね。

 

しかし、美容室などで髪の毛を紫に染めてもらうときには注意が必要です。

 

美容師に「薄めの紫で染めて欲しい」ということをしっかりと伝えなければ、濃い紫で染められてしまう可能性があります。

 

白髪に濃い紫を入れることで、とても派手な髪色になってしまうことでしょう。
美容師には念のために、白髪の黄ばみを抑えるための薄い紫を入れたいということを伝えておくようにしましょう。

 

 

 

紫に染める方法

 

髪

 

黄ばみがかった白髪を綺麗に見せるために、紫に染めてみたいと思っている人は多いでしょう。
では、白髪を紫に染めるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

手っ取り早く綺麗に染めるには、美容室に行くと良いでしょう。
「白髪を綺麗に見せるために薄い紫で染めたい」ということを美容師に伝え、派手過ぎない紫で染めてもらいましょう。

 

日本人特有の白髪の黄ばみが抑えられ、綺麗な色の白髪になることでしょう。
お金はかかりますが、美容室に行くことが一番綺麗に染められる方法です。

 

 

自分で白髪を染めたいという人は、カラートリートメントなどを使用してみましょう。髪の毛に紫を入れることができるカラートリートメントが販売されており、毎日使用することで少しずつ髪の毛を紫に染めていきます。

 

しかし、カラートリートメントでは染まるまでに時間がかかってしまいます。
自分で染めることで髪の毛の色にムラが生まれてしまうこともあり、綺麗に染めることは難しいでしょう。

 

人によっては思うように色が入らず、効果を実感できないこともあります。
カラートリートメントやヘアカラー剤を使用して染めることも可能ですが、綺麗に染めたいと思ったら美容師に行ったほうが良いかもしれません。

 

美容室でなら細かい色味・濃さの調整もしてもらえるので、自分に似合う髪色にしてもらうことができるでしょう。