おすすめ白髪染めトリートメント

頭皮に白髪染めの色が付いた場合の対処法 

頭皮

 

髪の毛を染めていると、どうしても頭皮が染まってしまうことがありますよね。

 

特に白髪染めは根元をしっかりと染めたいために、しっかりと根元部分に薬液をつける方も多いでしょう。

 

これでは当然頭皮も染まってしまいますよね。

 

分け目の部分が染まると目立ってしまうこともあるので、頭皮が染まったときの対処法で染まってしまった部分を落とすようにしましょう。

 

まず染めている間は何もできないのでそのあとに行うようにします。

 

頭部に白髪染めがついている状態で、シャンプーする前に頭皮の染まっている部分にお湯を少し垂らします。

 

指でその部分をくるくるとマッサージすれば、しっかり柔らかくなります。

 

このように柔らかくすることで、薬液が柔らかく乳化され頭皮から色が落ちやすくなります。

 

その後シャンプーで色が出なくなるまでしっかりと洗えば、比較的落ちている場合があります。

 

ただそれでも落ちていない場合は、水で洗い流せるタイプのクレンジングオイルを使用しましょう。

 

染まってしまった頭皮にクレンジングオイルをつけて、少し置いたらまだくるくるとマッサージをします。

 

これらの対処法でだいぶ薄く落とすことはできますが、1回では完全に落ちることはなく、また連続で何回も対処法を行ってもすぐには落ちません。

 

時間が経つと落としにくくなるので、頭皮が染まってしまったときは、すぐにこの対処法で落としましょう。

 

 

無理に落とすと頭皮を傷める可能性

 

白髪染めによって染まってしまった頭皮、何とかして落としたいですよね。

 

ですが落とすための対処法を行なっても、1回では落としきれない場合もあります。

 

特に白髪染めは時間が経過することで、どんどん色が落ちにくくなってしまうのです。

 

落とせなくなったものは新陳代謝によって肌が生まれ変わっていき、色のついた皮膚が落ちていくのを待つしかありません。

 

ですがそれでも気になってしまう方は、無理にでも落としてしまうのではないでしょうか。

 

頭皮に限らず、手についた油性ペンを落とすとき、無理に落とそうとしたらとても肌が荒れてしまったという経験をされた方もいるでしょう。

 

頭皮も同じく、もしくはそれ以上に傷みやすいため、無理に落とそうとこすってしまうと、ひどく傷んでしまう場合があります。

 

しつこい白髪染めだからこそ、早く落としたい衝動に駆られてしまうかもしれませんが、その行為はとても危険です。

 

頭皮だけではありませんが肌は自分が思っている以上にデリケートなのです。

 

少し擦れるだけでも肌はダメージを受けるので、必要以上にこすったりしてしまうと、当然激しく傷んでしまうのです。

 

早く落としたいという気持ちになってしまうのも当然でしょう。

 

ですが頭皮のことも考えて、できるだけこすらないように、そして無理をして落とすようなことは絶対にしないように、注意してくださいね。

 

 

付かないように染める方法

 

頭皮についた白髪染め、なかなか落とすこともできませんし、無理に落とそうとするとどんどん頭皮が傷んでしまいます。

 

だからこそ、染める前にしっかりと準備をして、付かないように染めることが大切なのです。

 

白髪染めが頭皮につかないように染める方法は頭皮を守ることがポイントとなります。

 

美容院でも使用されている場合もありますが、プロテクトクリームを頭皮に塗ることで、地肌が染まってしまうのを防ぐことができます。

 

自宅で行うセルフの場合は、コールドクリームや油性のクリームを頭皮に塗っておくと、白髪染めを弾いてくれるので頭皮が染まりにくくなるでしょう。

 

ただ頭皮にクリームをつけることで、根元部分の髪にもクリームが付着すると、色が入りにくくなる場合もあります。

 

根元部分をしっかりと染めたいという方は、もしかしたら満足できるほど染まらないかもしれません。

 

ですが頭皮が染まるのを予防してくれるため、また頭皮が薬液でダメージを受けないなどのメリットもあるため、この方法を行った方が良いかもしれません。

 

そお文とても面倒になったり手間や時間がかかる場合もあるかもしれません。

 

簡単ではありますが、少し手間だと感じる方は、あらかじめ頭皮に優しい白髪染めを選ぶようにしましょう。