正しい白髪染めの頻度

おすすめ白髪染めトリートメント

きれいを保つ一般的な白髪染めの頻度とは?

めんどう

 

白髪が目立つと、老けた印象に見えてしまいがちなので、白髪染めの色落ちはとても気になるものです。
常にきれいな髪色を保つためには、どのぐらいの頻度で白髪染めをしなければいけないのでしょうか?

 

ヘアカラータイプの白髪染めで染める場合、2か月に1回程度が理想の頻度であると言われています。
色落ちして白髪が目立ってきてしまうというのもありますが、髪の毛が伸びる日数も考慮すると、2か月に1回程度の頻度で染めればきれいな状態を維持できるようです。

 

美容室で染めてもらうのではなく、市販の白髪染めを使用している人は、できるだけ長めに間隔を開けるようにしましょう。
ヘアカラータイプの白髪染めに慣れていないと、色にムラができないよう気にするあまり、どうしても使用する量が多くなってしまいがちです。

 

色素が白髪によく浸透するように、少し長めに時間を置いて白髪を染めている人も多いでしょう。

ヘアカラータイプの白髪染めは、髪や頭皮に与えるダメージが大きいので、頻繁に使用していると髪を傷める原因となってしまいます。

また、頭皮が大きなダメージを受けることで、さらに白髪が増えてしまうこともあるので気を付けましょう。

 

 

白髪染めトリートメントの頻度

 

トリートメントタイプの白髪染めには、髪や頭皮を傷める成分が含まれていません。
それどころか、“トリートメント”と言われているだけあって、きれいな髪を保つために効果的な成分が含まれているものが多いです。

 

そのため、ヘアカラータイプの白髪染めのように使用回数を制限する必要がなく、毎日使用しても特に問題ない白髪染めトリートメントがほとんどです。
白髪染めトリートメントは、ヘアカラーのように一度で白髪が完全に染まってしまうわけではありません。

 

白髪染めトリートメントを使い続けていくことで、髪に少しずつ色素を沈着させていくので、毎日のシャンプーと併用して使用すると良いかもしれません。
白髪がある程度染まってきたら、使用回数を少しずつ減らしていくのも良いでしょう。

 

また、ヘアカラータイプの白髪染めで染めた色や、美容室でプロに染めてもらった色をできるだけ長く保つために、白髪染めトリートメントを使用している人も多いようです。
週に2〜3回使用し、白髪に沈着させた色素が抜け落ちないようにトリートメントで保護することで、2か月に1回の頻度で行っていた白髪染めが3か月に1回の頻度まで減ったという人もいます。

 

 

リタッチも髪や頭皮に悪影響

 

白髪を染めてからしばらく経つと、髪の毛が伸びることによって、頭頂部の白髪だけが目立ってきてしまうことがあります。
毛先まで白髪がしっかりと染まっているのに、頭のてっぺんだけ白髪がキラキラと光ってしまい、余計に気になってしまうという人は多いのではないでしょうか?

 

そのような場合、頭頂部から数センチだけヘアカラーをする「リタッチ」という方法で対処する人が多いです。

自宅で行うのは難しいかもしれませんが、美容室に行くとリタッチで頭のてっぺんだけを染めてもらえます。

髪の毛全体を染めるほどではないけれど、伸びてきた部分の白髪が気になる…という場合に便利な染め方です。

 

しかし、リタッチにもリスクはあります。
ほんの一部分だけを白髪染めするので、髪や頭皮にはそれほど刺激にならないような気がしてしまいますが、リタッチでも髪や頭皮はダメージを受けます。

 

髪の根本がダメージを受けることで、一本一本がきれいに伸びていかなくなってしまう可能性がありますし、頭皮がダメージを受けた場合も同じです。
頭皮環境の悪化によって、白髪が増えてしまうことがありますし、抜け毛・薄毛を発症してしまうこともあります。